埼玉県さいたま市の安心車検 車検代行センターがあなたの車検をサポートします

TEL:0120-00-9608

携帯電話からは 048-625-5077

住所:埼玉県 さいたま市 西区 中釘 2070

営業時間:月~金 8時30分~18時/土曜 9時~12時/日・祝休

PICK-UP TOPICS

車検場ニュース

  • 今年の4月1日より、新規登録から13年以上経過し、かつ18年未満経過のお車の車検時に支払う自動車重量の税率が変更になります。乗用車では、車両重量1tまでのお車は1.200円増えて22.800円に、1.5tまでのお車は1.800円増えて34.200円に、2tまでのお車は2.400円増えて45.600円に、軽自動車は400円増えて8.200円に、貨物車では車両総重量2tまでのお車は400円増えて8.200円に、車両総重量2.5tまでのお車は600円増えて12.300円に、車両総重量3tまでのお車は900円増えて17.100円にそれぞれ変更となります。(新車登録から13未満のお車と18年以上経過のお車の変更はありません。)2016年3月4日
  • エアバック警告灯点灯車両の車検検査の取り扱いについて、自動車検査独立法人及び軽自動車検査協会から以下の通達がありました。「エアバック警告灯が点灯または点滅している状態では、エアバックが正常に展開しない場合や、誤って展開するおそれがあると認められることから保安基準に不適合とみなし、審査保留として取り扱うものとする。」(車検に合格できなくなりました。)2016年1月19日
  • 車検時のヘッドライト検査の当面の取り扱いについて、「すれ違い用前照灯の計測において、右側もしくは左側のみを計測した時点で不合格と判定した場合は、計測困難な自動車とみなして走行用前照灯を計測するものとする。この場合において、走行用前照灯を計測して不適合となり、再度計測する場合は、すれ違い用前照灯又は走行用前照灯のいずれかの方法で計測しても差し支えない。」と独立検査法人(車検証の検査官)からのお知らせがありました。2015年11月13日
  • 10月に入りヘッドライトの検査方法が再度ロービーム限定に戻される話がありましたが、大宮の普通車の車検場も軽自動車の車検場もヘッドライトの検査方法は変わりませんでした。なお春日部陸運局(普通車・軽自動車)も大宮と同じ検査方法です。良かったです。2015年10月3日
  • 昨日より大宮普通車の車検場と大宮軽自動車の車検場のライトの検査方法が変わりました。初めにすれ違い灯(ロービーム)で測定して不合格なら、次に走行灯(ハイビーム)で測定をし直して、数値が合格の範囲なら合格できることになりました。なお、その時に走行灯でも不合格なら再検査となります。その再検査の時の測定は、すれ違い灯でも走行灯でもどちらでも良いことになりました。そのおかげでライト検査が合格しやすくなり、車検場の混雑も緩和されました。しかし軽自動車も普通車も今のところ、今月中はこのやり方で測定するが、来月以降はどうなるかはまだ決まっていないそうです。2015年9月16日
  • 車検時におけるヘッドライトの検査方法が平成 27 年 9 月 1 日から変わります。今までは全車種、上目(ハイビーム)で検査していましたが、平成 10 年 9 月 1 日以降に製作された自動車(二輪、大特 除く)の前照灯試験について、原則、すれ違い用前照灯(下目・ロービーム)により検査を実 施するようになります。なお、平成 10 年 8 月 31 日以前の製作車はこれまでどおり上目(ハ イビーム)で検査します。2015年6月23日
  • エコカー車(低燃費かつ低排出ガス認定自動車)の車検時に支払う自動車重量税を調べるページです。車検証記載の「型式指定番号」と[「類別区分番号」を入力すると、重量税が検索できます。2015年4月13日
  • 27年4月から普通自動車の車検の時に行っていた、自動車税納税証明書の提示を省略できるようになります。埼玉県管轄の大宮ナンバー、春日部ナンバー、熊谷ナンバー、所沢ナンバーは対応していますが、一部の県のナンバーや例外もありますので詳しくは、こちらのpdf をご覧ください。(軽自動車、小型二輪自動車については、これまでどおり納税証明書の提示が必要です。)2015年3月26日
  • 軽自動車の車検場の予約時に、車検満了日と登録ナンバー(例・大宮 530 あ 8989 )の入力必要になりました。車検お申し込み時又は日程打ち合わせ時に車検証をご用意ください。(当日、ナンバーが正しくないと車検が受けられません)よろしくお願いします。2015年2月3日
  • 11月17日(月)よりご当地ナンバーが10地域で導入されます。埼玉県で追加されるナンバーは、大宮管轄(さいたま市)では川口市対象の「川口ナンバー」と春日部管轄(春日部市)では越谷市対象の「越谷ナンバー」が導入されます。東京都では「世田谷ナンバー」(品川管轄)と「杉並ナンバー」(練馬管轄)が導入されます。2014年10月23日

MORE NEWS

▲BACK TO TOP
Top