埼玉県さいたま市の安心車検 車検代行センターがあなたの車検をサポートします

TEL:0120-00-9608

携帯電話からは 048-625-5077

住所:埼玉県 さいたま市 西区 中釘 2070

営業時間:月~金 8時30分~18時/土曜 9時~12時/日・祝休

6月22日からタイヤとマフラーに関する車検の際の検査基準が一部改正になりました。

6月22日からタイヤとマフラーに関する車検の際の検査基準が一部改正になりました。

(下記は「オートモーティブプライムニュース 」より抜粋して紹介しています。)

タイヤに関する今回の改正については、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出していないもの」とみなすという文言が加えられました。つまり、タイヤ部分であれば10ミリ未満は車体からはみだしていても車検に適合するようになりました。だだし、あくまでタイヤが最外側なので、アルミホイールなどがはみ出る場合は不適合になります。

(タイヤのはみ出しの測定基準は、車軸から前方30度、後方50度の範囲です。)

注意:上記の改正は、軽自動車を含む乗用の用に供する自動車のみに適合されます。したがって、4ナンバー車や1ナンバー車、3ナンバーでも10人乗りワゴンなどは対象外です。

マフラーの規定についての改正は従来の「排気管は、左向き又は右向きに開口していること。なお、排気管の開口部であって、車両中心線を含む鉛直面に対して左向き又は右向きに、30度を超えない傾きを有し、発散するガスが他の交通に悪影響を及ぼすおそれがないと認められるものはこの基準に適合するものとする」という文言がまるまる削除となりました。これにより、並行輸入車などで見かける、いわゆる横出しマフラーの状態が純正というものでも、そのままの状態で車検適合となりました。この規定については、全ての車種について緩和されます。

2017年7月24日

▲BACK TO TOP
Top